楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

重厚な歴史文化に圧倒-OATA、中国江蘇省へ研修(1) 中国観光局が招請

大阪府旅行業協会(徳原昌株理事長)とOATA連絡協議会(安藤元量会長)は6月17―20日までの4日間、中国江蘇省を視察した。視察は中国国家観光局駐大阪代表処(劉海生主席代表)の招きで行われたもので、江蘇省・紅南地方の南京、鎮江、揚州を訪問。3都市の旅遊局や旅遊委員会の関係者と交流を行いながら、歴史や文化、食などを視察、体験した。

南京で世界遺産や中国文化の深みを体感

今回訪問した江蘇省は上海に隣接し、東西に長江、南北に大運河が流れる水が豊かな地域。省都である南京は西安、北京、洛陽と並ぶ中国四大古都の一つ。鎮江は三国志の舞台として知られ、揚州は鑑真和上ゆかりの地として有名だ。

一行は17日、関西空港19時発の中国東方航空で南京空港へ。20時45分に着き、この日はホリディ・イン南京アクアシティに宿泊。

翌18日は、はじめに世界遺産に登録されている明孝稜を訪ねた。明の初代皇帝、朱元璋の墓で25年をかけつくられた。この墓で有名なのは、墓に続く道「神道」に並ぶ石の彫刻。様々な動物の像は墓を守っているとされる。周辺には中山稜や霊谷寺などがあり、南京の主要観光地の一つ。

次いで訪れた儒教の始祖・孔子を祀る夫子廟は、南京を代表する観光スポット。東京の浅草のような雰囲気のなか、白壁と黒屋根の明時代の建物や楼台、水亭などの建物が並ぶ。近くにある泰淮河(しんわいが)は長江の支流で南京市内を貫いて流れている。

泰淮河

南京市内を貫いて流れる泰淮河の周囲には
歴史を感じさせる建物が並ぶ

このあと中国内で現存する最大規模の城門がある中華門へ。明の時代は都が置かれた南京城は、周囲約33キロの多角形の城壁で囲まれていた。そのうち23キロが現在も保存されており、高さ14―21メートルある城壁は圧巻。城壁を通して見る南京のまちが美しい。中華門は城壁の南門にあたり、城内には27個の「蔵兵洞」があり3千人の兵と兵糧1千トンを収容できたという。

余談だが、城壁は日本のアニメや漫画でお馴染みの「進撃の巨人」に出てくる城壁をほうふつとさせるぐらい、強烈なインパクトがあることをお伝えしておきたい。

中華門

南京城城門・中華門。
巨大な城壁は圧巻のひと言

大報恩寺遺跡公園は、仏教文化の博物館。1千年前の地下宮殿で発掘された石函や鉄函、七宝アショカ王塔、金棺銀棺などの国宝が展示されている。瑠璃塔も壮大で世界七大奇観の一つと言われる。

夕食は南京旧市街を再現した老門東歴史文化地区で。南京市旅遊委員会の夏軍副主任らと交流を深めた。

(次の記事)重厚な歴史文化に圧倒-OATA、中国江蘇省へ研修(2) 建物や雰囲気に好印象

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
実りの島壱岐で粋な旅

玄界灘に浮かぶ長崎県・壱岐。古事記の国生み神話と大陸との交流を伝える歴史遺産、離島ならではの風...

四国が描く観光の渦に飛び込め愛媛編

四国特集の大トリは愛媛県。日本が誇る古湯・道後温泉では新しい外湯施設が誕生、加えて定番のアート...

四国が描く観光の渦に飛び込め高知編

四国特集第3弾は高知県。今年の大政奉還150年、来年の明治維新150年と幕末の大きな節目が続き...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携アイテム。大阪にある全国の出先案内所収録。毎年5月発行

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。18年版11月15日発売

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ