楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

大分県日田市・逆境こそ地域力を発揮(2) 洋酒博物館や道の駅―立寄も充実、「九州観光のへそ」売り込む

多彩な楽しみ 受け入れ態勢も整う

JR日田駅に近い「天領日田洋酒博物館」は、館長の高嶋甲子郎さんのコレクションを展示。洋酒の世界に憧れ13歳から収集したボトル、ポスター、グラスなど3―4万点が並ぶ。圧巻は「マッサン」のモデル、ニッカウ井スキー創業者の竹鶴政孝さんが作った初期釜(ポットスチル)。これを入手するに至った苦労話は、高嶋さんの抱腹絶倒なトークで聞かせてくれる。「時間が許す限り一人ひとりをご案内しています。見学後は、樹齢100年の日田杉のカウンターでハイボールをどうぞ」と高嶋さん。旅行会社にも柔軟に対応し、酒のまち日田のアピールに努めている。

天領日田洋酒博物館

貴重なポットスチル前で笑顔の
「天領日田洋酒博物館」館長の高嶋さん

旅行会社対応では、JR九州が経営参画し今年3月10日にリニューアルオープンした道の駅「水辺の郷おおやま」もお勧めスポット。新鮮な農産物や大山町の特産・梅干しなどを販売するファーマーズマーケット(直売所)とレストランからなる。レストランは牛・豚・鶏・ジビエの焼肉グリルをメーンに、野菜やスープなどのブッフェスタイルで提供する。個室6室を含めて計112席があり団体対応も可能だ。旅行会社向けランチプランは4種の焼肉が楽しめ、1人1500円。日田観光はもちろん周遊時の立ち寄りにもいい。

水辺の郷おおやま

水辺の郷おおやまレストラン

そのほか、標高950メートルの椿ヶ鼻一帯に展開する「スノーピーク奥日田キャンプフィールド」は“スノーピーカー”と呼ばれる本格派から初心者、ファミリーまで幅広く集客。日田名物、三隈川の鵜飼と屋形船はアユ漁が解禁される5月下旬から始まる。本格的な日田観光の復興とシーズン幕開けは目前。

スノーピーク奥日田キャンプフィールド

スノーピーク奥日田キャンプフィールド
の用具販売コーナー

「博多から高速バスで90分の日田は九州のど真ん中です。地元の皆さんの取り組みで受け入れ態勢が整い、これから九州観光のへそとして発信していきます」と、大分県西部振興局地域振興部の宇都宮重幸さんは意気込む。

(前の記事)大分県日田市・逆境こそ地域力を発揮(1) 湯あみ着、テントバー―天ヶ瀬温泉の取り組み

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ