楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

西日本JRバス、新ブランド「めぐりしあ」立ち上げ “カリスマ”と価値創出

西日本JRバスが会社発足30周年を迎えた今春、新しいバス旅ブランド「めぐりしあ」を立ち上げた。マイカーや鉄道とは異なるバス旅行の価値を「バスでめぐる、旅のしあわせ」とし、カリスマ添乗員として知られる平田進也さんを貸切営業部長に招へい。後発のバス旅行ブランドとして独自の立ち位置を確立すると意気込む。

高速路線バスの運行や貸切バスの売り込みを主としてきた西日本JRバス。バス旅ブランドの確立は「簡単なことではない」と平田さんは自覚する。ただ、長年勤めてきた日本旅行で培った旅行業の視点が「生かせる」とも話す。

平田進也さん

「これまでの旅行業の経験を生かしたいと
グランドリームの前で意気込む平田進也さん

「先行している他社と同じことをしていては意味がありません。一人でも多くのお客様を笑顔にする『めぐりしあ』こそ、私たちが追求していくことです」と平田さん。

第一弾は、国鉄時代の路線バスを追体験するツアーだった。「すぐに満員になりました。マニアックな人たちにはたまらないJRならではのツアーだからです」。それを平田さんは「ターゲットを絞って価値観の分かる人に価値を提案すること」という。

第二弾は、カリスマ添乗員として得意とする女性がターゲットの雅な京の旅。「うちには豪華ないいバスがあるんです。そのグランドリームに乗って、京都の花街上七軒で京料理を食べ、芸舞妓さんと一緒にお座敷遊びをします。女性では行きづらい所へ手を携えてご案内します。お客様を昼間のシンデレラにしようという企画です」。

もう一つ、平田さんが「めぐりしあ」で定番化させたいことがある。登場する機会が少なく車庫で眠っていることが多い2台のリフト付きバスを活用した「介護付き旅行の充実」だ。

「これから老々介護が増えてきます。1日でも命の洗濯できるような旅を提案したいと考えています。介護福祉士も同行し、ご家族でいい思い出をつくっていただく。そんな優しい風を『めぐりしあ』から吹かせたいですね」と平田さん。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ