楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

変革期に生きる高いプロ意識

今回も前回に引き続きDMO人材の話題に代わり、ガイド付きの体験プログラム・ツアーについて触れたいと思います。

今、日本で一番注目を浴びている体験&インバウンド事業者と言えば、飛騨市と高山市をベースに「クールな田舎」をプロデュースしている「美ら地球(ちゅらぼし)」です。トリップアドバイザーでは国内でダントツ1位の評価を何年も受け続けています。特に「SATOYAMA・EXPERIENCE」のガイド付きサイクリングツアーは、日本国内ならばどこにでもあるような里山を巡るコースですが、この「何気ない日常体験」が主に欧米豪の個人旅行者から圧倒的な支持を得ています。

詳しい事業やツアー内容などについてはホームページ(https://satoyama-experience.com/jp/)か、代表の山田拓氏が最近出版した「外国人が熱狂するクールな田舎の作り方」(新潮新書)をぜひ、お読みください。彼がまだデビューしたてのころから関わっていますが(苗字が同じなのでよく兄弟と間違えられます)、彼らが提供するガイド付きの様々な体験プログラム・ツアーが成功することはかなり早い段階で確信していました…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2018年2月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ