楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

DMOが重複する課題

現在、日本版DMO(Destination Management Organization)として正式に登録(2018年3月30日時点)されているのは70法人(広域連携DMO7件、地域連携DMO39件、地域DMO24件)、さらに日本版DMO候補法人は128法人(広域連携DMO3件、地域連携DMO45件、地域DMO80件)もあり、全国で198法人ものDMOが設立されています。

日本版DMOは、広域DMO、地域連携DMO、地域DMOの3種類のDMOに区分されていますが、複数のDMOカテゴリーからマネジメント対象地として重複している自治体があります。

例えば、登録法人では釧路市【広域連携DMO=公益社団法人北海道観光振興機、地域連携DMO=一般社団法人釧路観光コンベンション協会、地域DMO=特定非営利活動法人阿寒観光協会まちづくり推進機】が該当します…

(山田桂一郎=まちづくり観光研究所主席研究員)

(トラベルニュースat 2018年5月25日号)

続きをご覧になりたい方は本紙をご購読ください
この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ