楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

日本最大級のトレイルコース 新潟・群馬・長野に9月誕生

18/05/28

新潟、群馬、長野の3県を結ぶ日本最大級、全長307キロのトレイルコース「スノーカントリートレイル」が9月にオープンする。3県の7市町村で構成する雪国観光圏がルートを開発し、コースの維持管理は各市町村が担当する。

観光圏整備法に基づく広域観光圏でもある雪国観光圏が、将来にわたる持続可能な地域の観光活性化策として、ルート開発に取り組んできた。

エリア内の古道や山岳路、林道などをつないだロングトレイルは半分ほどが未舗装路。コース上には、みなかみ温泉や湯之谷温泉郷、秋山郷や苗場山山頂、谷川岳の眺望スポットなど、温泉や景勝地、史跡などの名所を多く取り込んでいるのが特徴で、雪国文化を代表する豊かな食や地酒をめぐれるのも楽しみ。ただ、世界有数の豪雪地帯でもあり、トレイルは無積雪期の利用を想定している。

スノーカントリートレイルでは、初心者から中級者向けに複数のセクションコースを提案。その1つ「大地の芸術祭の里歩き」は、ほくほく線のまつだい駅から津南町までの全長23キロ。途中、日本三大薬湯の松之山温泉で宿泊し2日間で歩くというもの。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ