楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

セブパシフィック、東京日本橋に日本支社を開設

18/06/04

フィリピンのLCCセブ・パシフィック航空は5月16日、日本支社(東京都中央区日本橋茅場町)を開設した。

同社はフィリピン国内に37路線とアジア、オーストラリア、中東、米国に26路線を持ち、年間約2千万人が利用するフィリピン最大の航空会社。日本へは2008年に就航して以来、今年で10年目を迎えた。

現在はマニラ―成田・大阪・名古屋・福岡間、セブ―成田間に週70便運航し、17年は日本―フィリピン間で43万5千人が利用した。

5月16日に東京・赤坂で開いた会見で、松本和彦日本支社長は「日本で知名度が低いのが課題。よりマーケットに近い場所で市場を開拓したい。長期的にマーケットにコミットしていく」と、韓国、香港に次いで3カ所目となる海外支社の開設の理由を説明した。同社の日本―フィリピンの乗客数43万5千人のうち日本人利用者は約8万人で、これの利用拡大に取り組む。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ