楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

金沢市がグランプリ 観光ポスターコンクール受賞作を発表

18/06/01

日本観光振興協会は5月16日、日本観光ポスターコンクールの入賞作品を発表した。グランプリにあたる国土交通大臣賞に石川県金沢市の「フルキ、ヨキ、ミライヘ。KANAZAWA」が選ばれた。応募総数は187作品。

同コンクールは1947年から始まり、今回で66回目。一次審査で53作品に絞り込み、評論家の山田五郎さん、写真家で  映画監督の宮澤正明さん、グラフィックデザイナーの左合ひとみさんによる審査会で各賞を決めた。消費者からのオンライン投票も受け付け、約2万7千票が投じられた。

国土交通大臣賞に選ばれた「フルキ、ヨキ、ミライヘ」は、今回から新設されたインバウンド賞も受賞。総務大臣賞は兵庫県香美町の「ストーリーのあるまち 香美町」、観光庁長官賞はJRグループの「幕末維新やまぐちデスティネーションキャンペーン」。日本観光振興協会会長賞は大阪府富田林市観光交流施設きらめきファクトリーの「富田林観光ポスター」がそれぞれ選ばれた。

審査員から評価の高かった作品に贈る審査員特別賞は、岐阜県美濃市の「3つの世界遺産」が受賞した。消費者によるオンライン投票は1位が北海道函館市の「冬に恋、函館。」で2601票を集めた。

表彰式は6月8日に開かれる同協会の総会で行われる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ