楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

民泊×航空で「新しい旅のスタイル」 ANAとピーチ、Airbnbの予約可能に

17/12/04

ANA(全日空)とLCCのPeach(ピーチ)は11月6日から、自社サイトで民泊仲介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)の予約受付を開始した。

3社は同日、東京・六本木ヒルズで会見を開き「新しい旅のスタイル」を普及させるためのマーケティングでパートナーシップ契約を締結したと発表。ANAとPeachそれぞれのウェブサイト内に、Airbnbの予約ができるサイトを開設、両サイトからAirbnbを新規に宿泊予約する人に、宿泊に使える3千円のクーポンをプレゼントするなどのキャンペーンを展開する。

ANAとAirbnbは「暮らすように旅しよう」キャンペーンサイトを開設。「京町屋に泊まろう」「週末別荘生活」など5つのテーマごとに宿を紹介している。サイトを経由してAirbnbを予約宿泊すると、クーポンに加え、ANAマイレージクラブ会員を対象に、宿泊代金に応じて5千―9999円に50マイル、1万―1万9999円に100マイル、2万円以上に最大200マイルを贈呈。2回目以降の宿泊についても半分のマイルを付与する。

PeachではAirbnbの宿泊と体験を予約でき、18年春には日時や目的地ではなく、人から検索する「COTABI」をスタートさせる。

旅人の写真一覧や、各自の滞在先の写真などから、自分にあいそうな人をクリックすると、移動手段や宿泊先、旅先での体験プランなどが表示され、一括で予約することも可能。すでにデモ版を公開している。「ソーシャル旅」として個人と個人、CtoCをマッチングすることで、より多様で、満足度の高い旅行を提案する。

会見でAirbnbの田邉泰之社長が「2社と協業できるのは光栄。宿泊にフレキシビリティを提供することで、新しい旅のスタイルを普及させたい」と意欲を示した。

ANA・ピーチ・Airbnb

左からANA・志岐副社長、
Airbnb・田邉社長、ピーチ・井上CEO

ANAの志岐隆史副社長は「AirbnbのホストとゲストのCtoCの関係に魅力を感じています。年間5千万人の搭乗客を対象にBtoCでアプローチしていますが、一人ひとりに合った旅を提供するのは難しい。CtoCが新しく変化を生む源泉になる。組み合わせて自分の旅をつくってほしい」。Peachの井上慎一CEOは「CtoCの旅のスタイルをつくっていきたい。予約のイノベーションで、趣味やライフスタイルから旅を予約できるようにする。Airbnbの多様性のある宿泊に期待」と話した。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ