「今旅」トップ > 東日本エリア > 2016年 > 「世界一美しい半島」伊豆の春

「世界一美しい半島」伊豆の春 花に一足早い春感じて

静岡伊豆

「世界一美しい半島」の統一ビジョンのもと、新たな観光への取り組みを進める静岡県・伊豆半島。今年4月には伊豆半島の特殊な地質や地形の魅力を紹介する伊豆半島ジオパークミュージアム「ジオリア」が伊豆市修善寺にオープン、11月には伊豆半島西岸の駿河湾が「世界で最も美しい湾クラブ」に世界25カ国、41番目の湾として加盟した。夕陽のなか、白波立つ駿河湾越しに眺める南アルプスと富士山の眺めは格別だ。これからは花の季節を迎える。12月に下田の水仙まつりで開幕し、1月には熱海温泉で梅まつり、2月の河津町では早咲きの河津桜まつりへと引き継がれる。伊東温泉では椿の観賞会、西伊豆の松崎町には田植え前の田んぼに広々としたお花畑が出現する。伊東市・大室山の豪快な山焼き、熱海温泉では海上花火大会が行われる。(16/12/26)

「世界一美しい半島」伊豆の春 記事一覧
静岡伊豆 旅のおすすめサイト
旅に出るなら見ておきたい
注目コンテンツ
日本旬紀行 旬な話題をお届け
旅猿 専門紙「トラベルニュースat」記者が日本中を飛び回る
がんばろう!日本がんばろう!日本