大切な人へ思い届ける エンジェルロードに天使のポスト

癒しの小豆島で紡ぐ物語(17/07/28)

“恋人の聖地”から世界に発信

土庄町・小豆島とのしょう観光協会は6月12日、“恋人の聖地”として知られる砂の道「エンジェルロード」近隣の公園に郵便ポスト「天使のポスト」を設置した。「大切な人への思いを天使が届けてくれる」がコンセプト。観光客にも手紙を投函してもらい、同ロードと地域の魅力を世界に発信しようという考えだ。

「エンジェルロード」は、小豆島国際ホテル南側に隣接する弁天島から中余島、小余島などへとつながる砂州が1日2回現れる。縁結びや幸福にご利益があるとしてカップルなど個人客を中心に人気を集めている。

ポストは通常とは異なる白を基調に、ハートが描かれ、コンセプトにあわせて「天使の羽」が側面にあしらわれた特殊なもので、日本郵便の協力を得て作られた。

天使のポスト
日本郵便の協力を得て
今年6月に設置

郵便物の集荷は1日1回10時ごろ。エンジェルロードを紹介するオリジナル切手シートも販売されている。

「エンジェルロード」の観光スポット化は、幸せを祈願する絵馬やポストカードも販売されるなど、今回のように地域を上げて展開。同ロードに一番近い宿泊施設である小豆島国際ホテルでも、人気の高まりによる個人需要増に対応するため食事処を新設したり、昨年にはカフェもオープンさせるなど盛り上げを図っている。

香川小豆島 旅のおすすめサイト