オリーブ専門の観光施設オープン 井上誠耕園

癒しの小豆島で紡ぐ物語(17/07/28)

「らしく本館」 レストランやオリーブ専門店

小豆島町の井上誠耕園はオリーブ・柑橘類の栽培から製品の製造・販売までを手がける農園。親子三代にわたって“オリーブ島”小豆島に生きる矜持を持ってオリーブを育て続けてきた。4月には池田港西側に、オリーブ製品の専門店とレストランを併設した観光施設「らしく本館」をオープン。オリーブを軸に据えた観光展開の第1弾となるもので、観光客にオリーブのある暮らしの魅力を伝えていく。

同館は旧小豆島大孔雀園跡をリニューアルした観光拠点施設「らしく園」の入口付近に立地。2階のレストラン「忠左衛門」は、ガラス張りの店内から瀬戸内海やオリーブ畑を眼下に一望できるロケーション。晴れた日にはテラスでの食事も楽しめる。メニューは4色のパエリアや、地元産オリーブ牛を使ったコロッケ、同園の柑橘が香るカタラーナなどのスペイン料理がメーン。同園のオリーブオイルがふんだんに用いられ、同園と小豆島の味わいを堪能できる。

らしく園
「らしく園」外観。
オリーブの魅力を伝える

1階のオリーブ専門店フロアは、食品、化粧品、体験、雑貨、ベーカリー、苗木・農産物の6つのゾーンで構成。オリーブオイルやジャム、オリーブの木を使った食器、パンなどオリーブ製品がズラリと並ぶ。オリーブオイルづくりや美容、苗木の寄せ植えなど様々な角度からオリーブに触れる体験も用意している。

また、同園では農園内の散策も提案。できたばかりのらしく園の農園でオリーブ畑の成長に思いを馳せたり、瀬戸内海を見下ろす風光明媚な景観に癒されたりと、思い思いの散策を楽しめる。今後もらしく園での観光メニューの開発を進めていく計画だという。

香川小豆島 旅のおすすめサイト