楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

貸切バスの駐車場を考える 観光インフラとしての整備遅れ(2) 駐車料や予約方法―改善へPJ

中小旅行会社が立ち上がる ストレスのない施設に

アンケートではこんな意見が出た。

「はじめの10分間が無料なので、お客様を急かしたり、乗降場の外でバスを待機させたりしている」

「20分2千円で、さらに20分を超えると4千円になる。1回当たりの固定した料金設定にしてほしい」

また、料金以外でも予約方法などについても「完全予約制のシステムはいいが、利用日の1週間前から予約できないのは不便」

「早くから日時が決まる修学旅行や大型団体とは違い、中小旅行会社が扱う小規模の団体は決定が遅い。そのため予約が取れない場合がある」

「修学旅行ありきのルール。京都市の税金で整備した駐車場だが、市民が使いにくい現状」という声もあがっている。

常田委員長は「旅行者や旅行会社、バス会社目線でのルールづくりを徹底し、利用するすべての方々にストレスのない乗降・駐車場施設を目指したい」と話している。

例えば東京駅・丸の内鍛冶橋駐車場は1時間2800円、新大阪駅は平日1時間2300円、降車時は短時間無料)などとなっている。

(トラベルニュースat 18年2月10日号)

(前の記事)貸切バスの駐車場を考える 観光インフラとしての整備遅れ(1) JR京都駅前の事例

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ