楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

秋田酒と食の実力いかに 試飲・試食会を大阪で開きアピール

17/12/06

秋田県はこのほど、大阪市北区の大阪新阪急ホテルで関西地域のマスコミを対象にした「秋田の酒と食プレゼンテーション&試飲・試食会」を開いた。

プレゼンテーションでは地域食ブランドアドバイザーで酒食ジャーナリストの山本洋子さんと秋田の若手蔵元の福禄寿酒造の渡邉康衛さん、秋田清酒の伊藤洋平さんの3人が秋田の酒と食の魅力を訴えた。

試飲・試食会では現存する日本最古のきょうかい酵母「6号酵母」を使った日本酒の試飲のほか、日本三大美味鶏「比内地鶏」、いぶりがっこのカルパッチョ、秋田の県魚ハタハタの飯寿司「ハタハタ寿司」など秋田県産食材メニューを味わった。国の重要無形民俗文化財である「秋田のなまはげ」も登場し、会場を盛り上げた。

同ホテルで同日開催された「秋田の酒きき酒会」では、秋田の酒蔵25銘柄が出展し、関西の流通・飲食店関係者500人が参加した。

秋田の酒きき酒会

秋田の酒蔵25銘柄を飲み比べ

関係者によると、秋田には現在37の酒蔵があり、2016年度の日本酒出荷量では東北で1位、全国でも4位だという。「近年、首都圏を中心に秋田の酒の人気は高まっています。今回、関西地域の皆さんに秋田の酒と食の魅力を知っていただける足がかりになれば」と話していた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
滋賀県で架ける虹色の旅へ

滋賀県の観光キャンペーン「虹色の旅へ。滋賀・びわ湖」が7月15日に始まった。12月24日までの期間中...

夏だぐんまに行こう

2017年10月、群馬県高崎市の3つの石碑「上野三碑」(こうずけさんぴ)がユネスコの「世界の記憶...

世界が認める孤高の島島根隠岐へ

海は碧く透き通り、島の濃緑と美しいコントラストを描いている。白雲がたなびく空を貫くような断崖、...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ