楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

英語版動画でインバウンド集客 エムストーン

18/01/12

ホームページの翻訳や動画制作などを手がけるエムストーン(藤原祥隆社長)は、急増するインバウンド客にアピールする方法として英語版動画の活用を訴えている。

「最近は静止画像ではなく動画検索が主流になりつつあります。動画は映ったものを一瞬で理解できるのが強みです。ホームページの“つかみ”を動画で行い、そのあとで施設の内容を理解してもらうというのが一般的な流れになっています」。YouTubeで動画をアップしたピコ太郎が日本だけでなく海外でも有名になったように、作り方次第では一気にブレークする可能性があり集客には動画が一番だと、藤原社長は話す。

「日本語版の動画がすでにある場合は、英語字幕にする手もあります。英語字幕なら最短1週間、英語ネイティブによる吹替え版でも2週間程度で制作が可能です」。気になる料金だが、英語版の制作費用は意外に安く翻訳から完全パッケージで3分以内なら英語字幕で7万5千円~、ネイティブによる英語吹替えなら17万5千円~(いずれも税別)で制作できる。英語以外の多言語も可能。見積りは無料。

問い合わせは電話03―5917―2380。同社HPはhttp://www.mstone.co.jp/

(PR)

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い島根編

今年は、まごうことなき“山陰の年”だ。4月からスタートしたJTB「日本の旬」は瀬戸内・山陰を舞...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ