楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

不測の事態をどう乗り越えるか 阪急交通社がアンケート、危機や誤解―添乗員の“生の声”

18/02/05

阪急交通社は1月19日、自社の添乗員へのアンケート結果をまとめた。ツアー中の危機や参加者がうらやましいと感じることなど、旅の現場のプロの“生の声”とは―。

「添乗員としてツアー参加中に陥ったピンチ」の1位は「お客が事故や病気で病院に運ばれることになった」。2位の「お客の荷物が別の空港に運ばれてしまった」とあわせて上位2項目が抜けて多かった。やはり海外での不測の事態はつきもの。そんな時こそ添乗員のプロとしての力量が問われる。

3位は「お客様同士がケンカをはじめた」、4位は「自身がツアー中に体調を崩した」、5位は「お客がパスポートを忘れてきた」と続く。

阪急交通社添乗員アンケート

空港での荷物トラブルにも注意

「添乗員や添乗員付きツアーについて誤解されることが多い内容」のトップは「添乗員はツアー添乗中に旅行を楽しめる」。問い合わせの対応やスケジュールの確認など、当然そんな余裕はない。4位には「添乗員は忙しくない」も入っており、業務の大変さはお客にはなかなか伝わっていないようだ。

2位は「ツアー先について専門的なレベルの知識がある」。専門ガイドは別にいるということも理解されていない。3位は「添乗員が行きたいところだけ行っている」、5位は「参加者は各プラン内容に強制参加しなくてはいけない」など誤解は多い。

「添乗中、ツアー参加者をうらやましいと最も感じる瞬間」の1位は「ツアー参加者が乗り物で寝ているとき」と業務の忙しさを反映したものになった。2位以降は参加者がアクティビティやスポットを楽しんでいる時など純粋に旅に対する憧れを示す内容だった。

「またあの国に行きたい」は1位イタリア、2位スペイン、3位イギリスでやはり欧州が強い。「一度は行ってみたい」のトップは「南極」だった。

調査は昨年10―11月に実施。回答した添乗員は119人で、添乗員歴は平均約16年、訪問国数は同約60カ国とベテランの声をまとめた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
鹿児島へ維新のヒーロー西郷どん紀行

今年は明治維新から150年。ゆかりの地では盛り上がりが本格化しているが、NHKは大河ドラマ「西...

艶やか雛が告げる日本の春

まだまだ本格的な冬は続くが、新年を迎えて心はもう春に向いている。その春の観光シーズンの開幕を告...

世界一美しい半島伊豆に春が来る

「世界一美しい半島」というビジョンを掲げ動き出した伊豆半島。2019年4―6月に開催が決まった...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ