楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTB「改革」へ新経営体制に 大谷氏が“風土変革”担当に

18/02/06

今春の組織改編に伴い、JTBは昨年12月22日開催の取締役会で4月1日付けの新しい役員人事を内定した。グループの「新たな価値提供に向けた経営改革」に対応した体制を固めた。髙橋広行社長を中心に4月からの新たな経営体制における改革を推進していく。

具体的には、大谷恭久常務取締役(現・JTB国内旅行企画社長)が風土変革の実現を目指しグループカルチャー改革を担当。組織改編に伴う個人事業本部長には光山清秀常務取締役(同JTB西日本社長)が、法人事業本部長に皆見薫常務取締役(同JTBコーポレートセールス社長)が就任する。

また、各地域で広域に社を代表する執行役員として、松本博常務執行役員(同JTB中部社長)が中部広域代表に、宇田川雄彦常務執行役員(同JTB国内旅行企画常務取締役西日本事業部長)が関西広域代表に、笹本潤一執行役員(同JTB北海道社長)が北海道事業部長兼北海道広域代表に、森吉弘執行役員(同JTB東北社長)が東北広域代表に、鎌田孝昭執行役員(同JTB関東取締役営業推進部長)が関東・甲越広域代表、大小田博之執行役員(同JTB中国四国社長)が中国四国広域代表に、桂原耕一執行役員(同JTB九州取締役営業部長)が九州広域代表に、それぞれ就任する。

一方、今井敏行常務取締役は退任する。

※トラベルニュースat1月25日号10面に人事異動の詳細を掲載。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
五感で感じろ“世界水準”山の信州

信州アフターDCが7月1日から9月30日まで、長野県内全域で開催される。総合テーマは昨年のDCと...

水の国和歌山で海川の恵みを体感

間近に控える夏本番。この季節に輝くのが和歌山県だ。雄大な太平洋が青く輝き、豊かな森林を流れゆく...

ノスタルジック山陰が今夏は熱い鳥取編

山陰デスティネーションキャンペーン、JTB「日本の旬」と大型観光キャンペーンが相次ぐ夏の山陰に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ