立山黒部アルペンルート4月15日全線開通(1) そびえる「雪の大谷」

春到来!立山黒部が今年も魅せる(17/04/12)

6月22日まで「雪の大谷ウォーク」

富山県立山町と長野県大町市を結ぶ立山黒部アルペンルート。北アルプスを貫く全長約90キロ、最大高低差約2千メートルにもおよぶ日本有数の山岳観光ルートとして例年多くの観光客が訪れる。今年は例年より1日早い4月15日に全線開通。本格的に観光シーズンが開幕し、今年も壮大な自然美が訪れる人を癒しの世界へ誘う。

全線開通初日の15日から6月22日までの89日間にわたり、春の恒例行事「雪の大谷ウォーク」が開かれる。標高2450メートルの立山室堂平に道路を除雪してできる巨大な雪壁「雪の大谷」が出現。最大で高さ約20メートルの雪壁が約500メートルにわたって続く歩行者専用通路“雪の回廊”は世界でも有数の豪雪地帯・立山ならではの光景だ。期間中はこの回廊を散策して、雪壁の迫力と美しさに自然の厳しさと神秘を感じよう。

雪の大谷
「雪の大谷」の高さは最大で20メートル。
圧倒的な迫力のなか雪の回廊散策が楽しめる

例年、期間中10万人超が訪れていたが、近年は台湾からの観光客が急増し、昨年は約20万人が来訪。同ウォーク実行委員会事務局を務める立山黒部貫光では今年は30万人の来訪を見込んでいるという。

入場・散策は無料で、散策の記念に通行証がプレゼントされる。初日の9時15分からは室堂ターミナル前中央広場でオープニングセレモニーが催され、いよいよ開場となる。散策の所要時間は中央広場を起点に往路が15分、復路が20分。散策路の開放は雪の回廊が全期間、立山連峰が一望できる雪原のう回路「パノラマロード」が5月15日まで。

立山黒部 旅のおすすめサイト