大観峰から黒部ダム―旬の美と迫力求めアルペンルートを行く

春到来!立山黒部が今年も魅せる(17/04/12)

エリア、季節で景色が変化

立山黒部アルペンルートは、立山を挟んで北西側と南東側で趣きは異なる。富山県側から立山を越え南東へ下ると大観峰から黒部ダムをはじめ雄大な景観が魅力的だ。

アルペンルート最高地点の室堂からトロリーバスで立山を越え大観峰へ。ここから黒部平までの立山ロープウェイでは春夏の新緑、秋の紅葉と眼下一面にパノラマの自然景観が広がる。黒部平園地で黒部湖を眺め、高山植物観察園に訪れるのもいい。

立山ロープウェイ
立山ロープウェイで
大観峰―黒部平間を行く

黒部ケーブルカーに乗り継ぎ、黒部ダム・黒部湖へ向かう。日本最大のアーチ式ダムは高さ186メートルで、ダムそのものの雄大さ、展望台から眺める立山連峰から北アルプスの自然景観の美しさに思わず息をのむ。6月26日―10月15日に実施される観光放水は毎秒10―15トンの水量が豪快に放水され、轟音と舞い上がる水しぶきは大迫力。

黒部ダムからは関電トンネルトロリーバスで長野県側の玄関口・扇沢まで。エリア、季節で景色が移り変わるアルペンルートの自然景観は訪れる人を飽きさせない。

立山黒部 旅のおすすめサイト