湯郷温泉は「おもちゃのまち」 まち歩きの魅力充実

岡山美作三湯が奏でる個性の調べ(1)(17/05/1)

女性向け施設も登場 家族でグループで

湯郷温泉では、まち歩きも楽しめる。家族旅行では「おもちゃ」をテーマに、大人も子どもの区別なく懐かしの世界へ誘う。女性向けには近年、おしゃれなカフェやお茶処が整備されている。

「湯郷温泉てつどう模型館&レトロおもちゃ館」には、ミニチュア玩具や大正―現代のおもちゃ、鉄道模型Nゲージの走行体験が楽しめる巨大なジオラマが。コレクション企画やジオラマコンテストなどイベントも開かれている。2008年のオープン以来、多くの人から寄贈を受け続けるなどファンも多い。

湯郷温泉てつどう模型館レトロおもちゃ館
「湯郷温泉てつどう模型館&レトロおもちゃ館」

「あの日のおもちゃ箱昭和館」は旅館を改装した施設内に往年の人気イラストレーター・小松崎茂さんの作品や、大正―昭和初期の生活用具、雑誌、漫画、おもちゃなどを展示。昭和30年ごろの小学校の教室や台所、理容室なども再現され、一歩足を踏み入れるとそこは昭和そのもの。

あの日のおもちゃ箱昭和館
「あの日のおもちゃ箱昭和館」

「現代玩具博物館・オルゴール夢館」は、からくり人形など世界のおもちゃや100年以上前の製造のオルゴールなどを展示。オルゴールコンサートも開かれている。

同温泉シンボルの1つ「からくり時計」。8―21時の1時間おきに地元伝説の巨人「三歩太郎」が登場し時を告げる。登場時の大きさは約9メートル。

同温泉関係者は「ほうじ茶や番茶をおしゃれに提供する店がオープンし、まち歩きが楽しめる素材が充実してきた。おもちゃは家族の会話が弾むきっかけにもなる。ぜひ湯郷温泉をブラリと歩いてほしい」。

岡山湯郷奥津 旅のおすすめサイト