ニュースメニュー
ニュースメニュー
会社案内メニュー
会社案内メニュー
ホーム > クローズアップ > キーマンに聞く

キーマンに聞く

世界水準の観光地の高みに登るには 全旅連青年部・西村総一郎次期部長に聞く(2)

―城崎温泉の外国人観光客数は。

一昨年が1万3千人ぐらいで、昨年が3万3千人です。豊岡市では20年に10万人を目指しています。豊岡市を訪れる外国人観光客の90%以上が城崎温泉に集中しています。今後、周辺スキー場などをアジアにアピールすることで上積みが想定されており、目標に達するという見込みです。

(16/10/31) »続きを読む

世界水準の観光地の高みに登るには 全旅連青年部・西村総一郎次期部長に聞く(1)

全旅連青年部次期部長に就任予定の西村総一郎さん(兵庫県城崎温泉・西村屋)に、前号(トラベルニュースat10月10日号)に引き続き、宿泊業界を取り巻く諸課題の対応について話を聞いた。今回は、宿泊業界の健全経営につながる地域づくりを語った。

(16/10/31) »続きを読む

全旅連青年部・西村総一郎次期部長に意気込み聞く(2)

―現状でも人手不足ですよね。

そうです。我々の業界は労働集約産業で、なかなか効率化できない。GDPの増加分の5%を補おうと示されているわけですが、マンパワーが不足していて、それを担う状態になっていないのが現状です。

(16/10/17) »続きを読む

全旅連青年部・西村総一郎次期部長に意気込み聞く(1)

全旅連青年部は9月に開いた臨時総会で、2017―18年度の第23代となる次期部長に西村総一郎さん(兵庫県城崎温泉・西村屋)を選任した。西村さんは今期の政策担当副部長として、桑田雅之部長とともに民泊問題への対応などに取り組んできた。次期部長としての意気込み、現在の宿泊業界を取り巻く諸課題の対応について、数回に分けてインタビューを掲載する。初回は、人手不足など労務問題について話を聞いた―。

(16/10/17) »続きを読む

地旅と歩んだ5期10年 池田孝昭さん(全旅前社長)(4)

―次期社長に期待されることは何ですか。

次期社長は立派な方です。去る私がああだこうだと言うべきではありません。今まで私を支えてくれましたから、今度は私が微力ではありますが応援をしていかなければならないと思います。そして、今まで以上に事業拡大をしANTA会員の皆さんに貢献できる株式会社全旅を築いてほしい、私は必ずできると信じております。これからは支える人間として報恩感謝の気持ちでお手伝いしたいと思っています。

(15/07/09) »続きを読む

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

日刊トラベルニュース 新着記事

closeup アーカイブ
がんばろう!日本
がんばろう!日本