楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

15年ぶりに大阪に拠点 栃木県、観光誘致へ事務所開設

18/08/31

栃木県大阪センター(井上彰センター長)が7月30日に開所した。2003年度末まで設置していた栃木県大阪事務所以来、15年ぶりに大阪に拠点を復活させた。福田富一知事が出席し同日、開所式が行われた。

福田知事は「今年春に実施した栃木デスティネーションキャンペーンで、関西の旅行会社に栃木県を評価いただき『ほな、行こか』と大阪に事務所を開設しようと決断した」。

そして「栃木県は西日本での知名度、認知度が低い。いいもの、いいこと、うまいものを売り込む拠点として栃木ブランドを西日本に定着させたい。企業誘致や観光誘致を機動的に進め、プレゼンス力を高めて他県に打ち勝つ」と意気込んだ。

開所式では、県特産の益子焼の陶板をあしらった看板の除幕式を行い、招待した県人会や旅行業関係者らにセンターの開設を宣言した。

栃木県大阪センター

看板の除幕式で活動がスタート

栃木県大阪センターは大阪市北区堂山町3―3日本生命梅田ビル2階。3人の職員が常駐する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
世界水準の山岳高原リゾート長野県で過ごす夏

各地で30度以上の真夏日を経験した、5月の日本列島。今のところ、夏の暑さは平年並みの予想だが、...

海山歴史広大な静岡市で特別な旅

4月に始まった静岡デスティネーションキャンペーン(静岡DC)もそろそろ終盤。伊豆特集に続き、...

岡山美作三湯から令和の安らぎ

岡山県、ひいては山陽路を代表する湯のまち、美作三湯。岡山県北に位置する湯郷、湯原、奥津という...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ