楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」
ホーム   >   トラベルニュースat本紙   >   総合

総合

LINE コロナのクラスター把握目的にユーザーアンケート

20/03/31

LINEは3月31日、1都3県の利用者を対象に行った「新型コロナの状況把握アンケート」の結果を発表した。 3月27-30日の期間、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県の15歳以上のモニターを対象に、実行している感染予防策や現状の体調などを...

官民挙げて誘客に全力 三重路会がキャラバン

20/03/30

三重県内の宿泊施設や観光施設で組織する三重県観光関西協議会(三重路会、濱野伸樹会長=鳥羽シーサイドホテル)はこのほど、恒例の新年キャラバンを実施し、大阪市内の旅行会社を訪問した。 大阪市北区の三重県関西事務所で行われた出発式で濱野会長...

じゃらん、楽天2強続きHIS躍進 日観振、19年観光系サイトを分析

20/03/28

日本観光振興協会は2019年の観光関連ウェブサイトの年間閲覧者数を調査、結果をランキング形式で発表した。じゃらんnet、楽天トラベルの2強体制が続き、スマートフォン利用でエイチ・アイ・エスの躍進が目立った。 調査はネット行動分析を行う...

中小、小規模事業者向けに無利子・無担保の融資制度はじまる

20/03/13

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、中小企業の資金繰りを支援するため、実質的に無利子・無担保で融資を受けられる新たな制度が3月17日から始まる。政府の緊急対応策の一つで、日本政策金融公庫と沖縄振興開発金融公庫で取り扱う。 融資の対象と...

国内法人拡大中のHIS招く 大阪直案会、定例会で意見交換

20/03/13

大阪直営案内所連絡協議会(大阪直案会、谷口昇幹事長=山村別館)の32期第2回定例会が2月26日、大阪市内で開かれ、個人旅行主体から法人団体旅行の営業強化に取り組むエイチ・アイ・エス(HIS)関西事業部を招いた。 大阪直案会の定例会は毎...

鳥取へ観光客誘致 白兎会

20/03/05

取県などの受入施設で組織する白兎会(岩崎元孝会長=依山楼岩崎)はこのほど、大阪市北区の鳥取県関西本部で2019年度第4回役員会及び情報交換会を開いた。21人が出席した。 役員会では19年度の中間事業・会計報告と20年度の事業・会計案な...

受入機関と旅行業で“仕事” 観栄会が新年会

20/03/04

旅行会社と受入機関でつくる観栄会(吉田瑛会長=濱観光サービス)は1月29日、大阪市中央区のバンチャン551蓬莱で新年会を開いた。 吉田会長はあいさつで「世の中にはいろいろな仕事があるが、仕事って何だろうと考えたとき、お客様から喜んでも...

2019年の日本人国内宿泊旅行 人数、消費額とも高い伸びに

20/02/25

観光庁は2月19日、2019年の日本人国内旅行者数が速報値で前年比4・4%増の5億8666万人だったと発表した。また、国内旅行消費額は7・0%増の21兆9114億円と大きく伸びた。 年間旅行者数のうち宿泊旅行者数は7・0%増の3億11...

セールスにつなげる業者懇談 大阪直案会が定例会

20/02/03

大阪直営案内所連絡協議会(大阪直案会、谷口昇幹事長=山村別館)はこのほど、大阪市浪速区の大阪市立難波市民学習センターで32期第1回定例会を開いた。 冒頭のあいさつで谷口幹事長は「我々案内所は旅行会社を回ることが仕事。やみくもにまわるの...

NTTドコモ、日本初の空港で5Gを活用した「遠隔アバター案内」の実証実験開始

20/01/31

NTTドコモ(以下、ドコモ)は2月3日から、成田国際空港と、成田空港第3ターミナルで、ディスプレイに表示されたキャラクターを通じて人が遠隔での有人案内を受けることができる、「遠隔アバター案内」の実証実験を開始する。空港で5Gを活用した遠隔で...

総合 アーカイブ

購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

通潤橋の放水とともに熊本山都観光が大号砲

熊本県山都町でもっとも知られる観光スポット、国指定重要文化財「通潤橋」が今年4月、4年ぶ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ