楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

ワインや星空観賞、東京五輪 山梨県、東京で観光素材アピール

18/10/03

山梨県は9月11日、東京・六本木ヒルズハリウッドホールに旅行会社関係者を招き、観光説明会と商談会を開いた。定番観光やトピックス、地域通訳案内士の取り組み、「日本一の桃源郷ウォーク2019」の概要などについて紹介した。

今年、山梨県内の風景と、風土に関わる物語性の2つを文化庁が日本遺産に認定した。1つは甲府盆地に広がるブドウ畑の風景と栽培、生産に関わる技術や風習。当地のブドウ栽培は奈良時代に始まったとされる。ブドウ栽培に加え、近代にはワインづくりが始まり、人とワインのつなぐ神事や風習も残る。日本を代表するワインの産地で景色とワインを楽しむ。

「星降る中部高地の縄文世界」は長野県との広域エリア認定で、八ヶ岳を中心とした黒曜石の産出や土器や土偶などの高い芸術性など縄文関連と、縄文人も仰ぎ見た清里高原の澄んで美しい星空観賞が当地を訪ねる理由になる。

山梨県観光説明会

東京で開いた観光説明会で
旅行会社に旬のトピックを紹介

もう1つの旬な話題は「東京オリンピックは山梨県も会場になる」。8月9日に東京オリンピックの自転車競技、ロードレースのコースが発表された。東京の三鷹市と府中市にまたがる武蔵野の森公園をスタートし、静岡県の富士スピードウェイにゴールする全長234キロ(男子)で、山梨県内も走る。本番では、山中湖や富士山を望みながらのレースが世界に配信される。すでに多くのロードバイク愛好家がオリンピックコースの走行を楽しんでいる。説明会では、コースの一部を車から撮影したVTRが放映されサイクリストの視線を体験した。県では富士山を望むサイクリングの高まりに期待する。

日本一の桃源郷を標ぼうする笛吹市では、19年4月5日と7日に花盛りの桃畑を歩くイベントが行われる。18年は2千人が参加した。市では旅行商品造成にお買物券の提供などのインセンティブを用意している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!徳島編

復興へ前進を続ける四国の魅力を紹介する特集の第2弾は徳島県。多彩な魅力を一層全国に伝えるべく県...

旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ