楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

上高地で開山祭、山岳観光のシーズン幕開け

19/05/08

10連休初日の4月27日、長野県松本市の上高地で、山岳観光シーズンの幕開けを告げる「上高地開山祭」が開かれた。この日、上高地エリアに入山した観光客はほぼ例年並みの3500人。上高地のシンボル、河童橋のたもとで行われた式典会場の回りには人垣ができ、アルプホルンやアコーディオンの演奏を楽しんだり、神事を見守り山の安全を祈願した。

上高地開山祭は1967年に始まり、今回が51回目。80年代には豪雪のため2回中止になったほか、近年でも吹雪のため会場を上高地バスターミナルに移して開催したことも。標高1500メートルの山岳観光地ならでは、毎年、異なる積雪量や天候で訪れる人々を歓迎してくれる。

今年の4月27日は全国的にも冷え込んだエリアが多く、上高地は早朝の気温が3度まで冷え込み、午前10時頃から天候は雪に。午前10時50分にアルプホルンの演奏で開幕した開山祭は、約1時間、終始雪の降る中で行われた。

開山祭

今年の上高地開山祭は雪模様。山岳観光の安全を祈願した

当日の人出は例年通りながら、上高地の多くの宿泊施設では、1週間ほどの予約状況が連日満館の状況。なかには、「満館はありがたいが、スタッフがパンクしなければいいが」と、例年とは異なる入り込みを心配する旅館経営者も。上高地の宿泊施設は例年11月から4月まで半年間休館し、新規に雇用したスタッフを多数交えての営業再開となり、ゴールデンウィーク期間中、常連を中心とした適度な宿泊者数で、通常は「慣らし運転」の時期にもあたっている。

上高地では第73回「ウェストン祭」が6月1、2日、国民の祝日「山の日」を記念した「四方山祭りin上高地」が8月11日、穂髙神社奥宮例大祭(明神池お船祭り)が10月8日に行われ、11月15日の上高地閉山式で今シーズンの幕を閉じる。期間中130万人が訪れる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
この景色、世界級―島根隠岐へ

地球が一つの生命体であることを示すように海面から垂直にそそり立つ断崖、人知の及ばぬ造形物で...

行けば行くほど熱いぞ北陸福井編

北陸特集後編は福井県。北陸新幹線敦賀延伸で、いよいよ福井に全国から注目が集まる。福井の湯ど...

行けば行くほど熱いぞ!北陸石川編

2023年に敦賀延伸が予定されている北陸新幹線。延伸に向かって着々と工事が進められている。...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ