楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

静岡・駿河湾フェリー 運賃半額キャンペーンを実施中、1年ぶりの満船も

20/10/14

静岡県の清水港-土肥港に運航する駿河湾フェリーが10月1日から運賃半額キャンペーンを行っている。

富士山を望んで航行する駿河湾フェリー

静岡県の観光促進キャンペーン「今こそ!しずおか 元気旅」の一環として行っているキャンペーンで、期間は2021年1月31日まで。

静岡県内に宿泊するか、県内の観光施設などに2カ所以上立ち寄ることが利用の条件。片道大人運賃2300円が1150円、小学生1150円が580円に、普通車6300円が3150円になる。当日でも利用できる。

Go Toトラベルの地域共通クーポン(紙)も使える。

駿河湾フェリーのウェブサイトを見ると、10月16日の土肥発1便と11月10日の清水発2便が満船になっている。同社では「満船は昨年9月のシルバーウイーク以来だと思います。ほぼ1年ぶりです」と話し、今年に入ってからのコロナウイルスの影響の大きさを伝える。

ただ、最近は回復に手応えも感じている。「満船は、10月は高校生の修学旅行、11月は小学生の修学旅行の利用です。いずれも静岡県内の学校です。マイクロツーリズムが浸透し、旅行先として地元が見直されているのを感じています」。

両便とも利用者は200-300人程度で、コロナウイルス感染症防止策として、貸し切りで運航する。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ