楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

埼玉・ムーミンバレーパーク アンブレラスカイ始まる

21/04/18

埼玉県飯能市・宮沢湖畔のムーミンバレーパークで4月17日から、約200メートルにわたってカラフルなアンブレラスカイが続くイベント「ムーミン谷とアンブレラ」が始まり、内覧会に参加した。

8月29日まで、途中、模様替え期間を挟み春と夏の2つのバージョンで来場者の目を楽しませる。

園内の湖畔に沿った遊歩道を覆う赤やオレンジのアンブレラが、青空とちょうど今の時期は新緑を背景に映えていた。太陽の光で遊歩道までがアンブレラ模様になっていたのも面白かった。アンブレラの数は約1200本。数も距離も日本最大級のアンブレラスカイなのだそう。

同じく春のイベントとして4月1日から始まった謎解き遊び「トリビアクエスト」に参加した。冊子とヒントを頼りにパーク内を移動しながらムーミンや物語、施設に係る答えを見つけ、最後に「今日の合言葉」をスタッフに伝える。答えは日替わりで変わるそうだ。

残念ながら伝えた合言葉は間違っていたし、冊子に記した答えも1つ間違っていた。それでもスタッフは親切に正答に導き、景品のキーホルダーをくれた。メディア参加者だったからかは分からない。

この日のキーホルダーはスナフキンだった。景品のキャラクターは5種類あるそうで「プライベートでも是非参加してみてください」と誘われた。

トリビアクエストのいくつかの回答は、ムーミンや作者トーベ・ヤンソン関連の展示施設やレストラン、売店が入ったフィンランド語で体験を意味する「コケムス」という名称の建物で探せる。

ムーミンミュージアムとも言える館内ではムーミン谷のジオラマや原作の挿絵、物語に出てくる印象的な言葉など展示されている。

売店の品ぞろえも相当なもので、新しいデザインのマグカップなどほしくなるけど、自宅にもすでに何種類かあって、テレワークでカフェオレを飲んでいる。今回は引っ越しをする若い友人にムーミンパペットを1つ買った。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
スカーレット忍者が描く滋賀甲賀旅物語

2019年に放映されたNHK連続テレビ小説「スカーレット」の舞台として注目を集めた滋賀県...

岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ