楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「宮島訪問税」を導入 廿日市市、国際観光地として受入環境整備のため―約2年後開始の見通し/広島

21/08/24

広島県廿日市市は、世界遺産・宮島を訪れた人に対する「宮島訪問税」を導入する。訪問1人1回あたり100円の税の徴収。徴収開始時期は確定していないが、旅行会社に周知している。

「宮島訪問税」は、宮島の国際観光地としての受け入れ環境整備に充てるため導入。トイレの設置・維持や宮島口の渋滞対策、大規模な旅客ターミナルの改修・維持、消防艇・診療所の運営などに充て、外部からの来訪増に備える。

納税義務者は船舶での宮島への訪問が対象。地元関係者のほか未就学児や修学旅行などでの訪問は課税されない。

税額は宮島訪問1回ごとに1人。100円1年分を納付する場合は1人1年ごとに500円。

今後、税徴収システムの構築や税の周知を経て、徴収開始時期まで約2年はかかる見通しだという。

宮島

受入体制強化が求められる宮島

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ