楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

秋の道東を定額パスポートで周遊 ひがし北海道DMO、大阪の旅行社が販売

21/09/14

一般社団法人ひがし北海道自然美への道DMO(釧路市)とオンライントラベル(本社・大阪市北区)は、9月から道東エリアで利用できる観光周遊パスポートを販売している。スマートフォンを活用した非接触対応が可能な電子パスポートで、秋の道東観光ツールとして利用をアピールしている。

パスポートは「ひがし北海道まるごとパスポート」と「ひがし北海道バス乗り放題パスポート」の2種類。

前者は、道東エリアに点在する観光・体験・食事など70種以上が割安な定額またはポイントで利用できる。2日間パス7800円、3日間9800円、4日間1万1800円。レンタカー付きバス(3日間2万3800円から)もある。

後者は、道東エリアで運行する都市間バスや期間限定バスなど13種のバスが乗り放題。3日間が6800−7800円、4日間8900−9800円。

阿寒湖

阿寒湖(写真=北海道観光推進機構提供)をはじめ
秋の道東エリアをお得に周遊できる

ひがし北海道DMOの野竹鉄蔵専務理事は「九州とほぼ同じ面積の道東エリアに点在する交通ネットワーク、観光コンテンツをサブスク(サブスクリプション=定額)で串刺しにしたパスポートです。人がほとんどいない広大な道東は今の旅行にぴったりです」。

今後、11月版や冬季パスポートも販売予定で、ウイズコロナ期の観光ツールとして誘客喚起につなげていく考えだ。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅福井あわら編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の福井県あわら温泉の魅力にスポット。未だ...

湯どころ北陸流ウィズコロナの旅石川山中編

“ウイズコロナの旅”を推進する北陸を紹介する今回の石川県山中温泉の魅力にスポット。未だ制...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ