楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

アサヒビールミュージアム、大阪・吹田に4月オープン 体感型施設で最高の一杯

22/05/01

大阪府吹田市に「アサヒビールミュージアム」が4月25日にオープン。アサヒビール発祥の地、吹田工場内に設けられたもので、コンセプトは“記憶に残る最高の一杯に出会える場所”。

アサヒビール吹田工場では従来、製造工程を見学する工場見学が主だったが、同社が提案する新しい酒の楽しみ方「スマートドリンキング」なども体験できる体感型施設としてリノベーション。ビールを缶に詰める工程をイメージした空間で、製造の速度や迫力が感じられる映像を4面スクリーンに投影した臨場感あるアトラクションも新設した。

アサヒビールミュージアム

レンガ造りのエントランス

アサヒビールミュージアム

ミュージアム館内

体験の最後は、吹田工場で製造されたでき立てのビールを試飲。来館者がアルコール度数やフレーバーを選んで自分好みのオリジナルドリンクを作れる国内初の自動サーバー、自ら樽生ビールを注ぐサーブ体験、ビールの泡に文字や画像を描く泡アートなど、試飲も体験づくし。

15日に行われたメディア向け体験会で、アサヒビールマーケティング企画部の江口康雄部長は「工場見学のあり方を見直し、お客様が主役のスタイルでオープンします。創業地である大阪、関西を盛り上げたい」と話し、ゲストの鷲見玲奈さん、笑い飯の2人とミュージアムオープンを祝い乾杯した。

アサヒビールミュージアム

オープン前の体験会で。左から2人目が江口部長

ミュージアムは完全予約制。不定休で、休業日は特設サイトで案内する。館内ツアーは毎日10時、11時、13時、14時、15時の1日5本。所要時間は約70分。感染予防対策のため当面はツアー1本あたり10人が上限。予約は電話06―6388―1943(受付は9時15分―16時)。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ