楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光庁、訪日客受入再開へ受入対応ガイドラインを策定 旅行会社や宿泊業へ遵守求める

6月10日に訪日外国人旅行者の受入が再開されるのを前に、観光庁は6月7日、外国人旅行者の受入対応に関するガイドラインを策定、公表した。旅行会社や宿泊事業者らに遵守を呼びかけている。

外国人旅行者の受入は添乗員付きパッケージツアー限定で再開。入国の際に厚生労働省の入国者健康確認システム(ERFS)への事前申請を必要とするなど水際対策を施し、旅行者に対しても旅行中のマスクの着用などガイドラインの遵守を求め、感染対策を徹底する。

ガイドラインは、先に実施した訪日客を招いての実証事業で得られた結果を踏まえて策定。感染拡大防止への留意点や、陽性者の発生など緊急時の対応について旅行会社や旅行サービス手配業者、添乗員、宿泊など旅行に携わる観光関係者が取るべき対応をまとめている。

インバウンド

いよいよ訪日客が戻ってくる

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ