楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿泊分野で初の許可 特定技能1号、ベトナム人1人に

19/09/12

深刻な状況にある国内の人手不足を解消しようと、政府が4月に創設、運用を始めた外国人の在留資格「特定技能制度」。宿泊業界でも期待を集めていたが、8月28日、宿泊分野が対象の「特定技能1号」への在留資格変更がベトナム人1人に対して許可された。宿泊分野での特定技能外国人は今回が初めて。

「特定技能1号」は宿泊業をはじめとする14業種での業務に従事する外国人に認められる在留資格。一定の専門性・技能を持ち、即戦力となる外国人を受け入れるものとして創設された。宿泊分野では、宿泊施設のフロント業務や企画・広報、接客などに従事する人材を受け入れることを念頭に置く。今後5年間で最大2万2千人の受入が見込まれている。

今回許可されたのは、ベトナム国籍の1人で、受入機関所在地は奈良県。宿泊業技能測定試験に合格し、出入国在留管理庁が在留資格を「留学」から「特定技能1号」への変更を認めた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ