楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

Go To トラベルの事業者登録、8月22日以降も受け付け

20/08/24

蒲生篤実観光庁長官は8月21日に開いた定例会見で、「Go to トラベル・キャンペーン」登録事業者の受付期間を延長すると発表した。

蒲生観光庁長官

8月21日までとしていた申請期間について「参加意欲があるが準備が整っていない事業者がいる。少しでも多くの事業者に門戸を開いておきたい。明日以降の申請も受け付ける。関係省庁と協議し、できるだけ長い期間受け付けたい」と話した。

Go To トラベルは7月22日に始まり、8月20日までに旅行会社1984社、宿泊施設1万6703軒がキャンペーン対象事業者として登録している。

約1カ月間の利用実績については「集計中で改めて報告する。近距離旅行を中心に予約は堅調と聞いている」と話した。利用実績について菅義偉内閣官房長官が民放の番組や、8月24日の記者会見で述べ200万人程度と紹介している。

また、蒲生観光庁長官は同期間にキャンペーン登録宿泊施設10軒の宿泊者10人にコロナウイルス感染が確認されたことを報告した。ただ、「施設内での感染ではないと承知している」と話し、「感染拡大防止と観光需要喚起の両立が概ねはかられている」との認識を示した。

感染者2人については、保健所により3人が濃厚接触者とされた。1人は宿泊施設の従業員で、2人は旅行同行者だった。いずれも検査で陰性が確認されている。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ