楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地方創生大臣賞に阿智村「天空の楽園」、国土交通大臣賞に星野リゾート 日本サービス大賞

20/10/30

日本生産性本部・サービス産業生産性協議会は、国内の優れたサービスを表彰する「日本サービス大賞」の今年の受賞者を決定した。10月27日、東京都港区のオークラ東京で表彰式を開き、菅義偉首相や関係各大臣らが表彰。観光分野からは地方創生大臣賞にスタービレッジ阿智誘客促進協議会(長野県)、国土交通大臣賞に星野リゾート(同)らが選ばれた。

日本サービス大賞は、国内の全サービス提供事業者を対象に優れたサービスを表彰する制度で、今回で3回目。762件の応募から30件の各賞を選んだ。

地方創生大臣賞のスタービレッジ阿智誘客促進協議会(熊谷秀樹会長=長野県阿智村長)は、「天空の楽園 ナイトツアー」で受賞。「日本一の星空」と呼ばれる同町の夜の観光素材として始め、人気を博している。感動体験を生み、交流人口の増加で地域貢献していることが評価された。

阿智村星空

阿智村の星空

国土交通大臣賞の星野リゾート(星野佳路社長)は、「地域の魅力を掘りおこし新たな旅を創造する『ホスピタリティ・イノベーター』」で受賞した。全国で宿泊施設を展開、宿泊ニーズを掘り起こし、地域資源を組み合わて新サービスを創出していることなどが受賞につながった。

そのほか、イーグルバス(埼玉県川越市)も「ICTと地域観光興しによる持続可能な交通まちづくり」で地方創生大臣賞を受賞した。

なお、内閣総理大臣賞は小松製作所(東京都)が土木建設サービス全体のデジタル業態革新で選ばれた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ