楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

観光船事故で国交省 旅客船事業者の「常時通信可能」を点検

22/05/10

北海道知床半島沖で発生した観光船海難事故を受け、国土交通省は4月25日から全国の旅客船事業者に対する緊急安全点検を行っている。

主な指導事項は、〇船長・運航管理者による気象・海象情報の確実な把握と適正な判断〇悪天候の場合の運航管理者による船長への運航中止の確実な指示と記録〇船舶の出港から帰港までの間の運航管理者又は運航管理補助者の常駐〇船長から事業所への定点連絡の確実な実施と記録-。

このうち船舶と事業所間の連絡について、これまで航路の一部が通信エリアでカバーされていない携帯電話を事業者の申告に基づき通信設備として認めていたものを、「常時通信可能」との船舶安全法の規則に立ち返り検査を確実に履行するとしている。

航路の一部が携帯電話の通信エリアから外れている場合は、事業者に対し5月25日までに常時通信可能な通信設備への変更を完了するよう求めている。

国交省では5月11日に、小型船舶を使用する旅客輸送における安全対策を総合的に検討する第1回「知床遊覧船事故対策検討委員会」を開き、夏までに中間報告をまとめることにしている。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

観光復活は四国一周しこくるりから徳島編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。最終回は徳島県の旅...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ