楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地域が学校と取り組む観光教育の未来 観光庁、2月8日に全国シンポジウム開催

24/02/04

観光庁は2月8日、オンラインで「全国シンポジウム―地域が学校と取り組む観光教育の未来」を開く。各地の取り組み事例を通して観光教育の実践と発展を考える。

シンポジウムは地域活性化のための観光教育推進事業の一環。観光人材の掘り起こしと育成に向け「地域全体に開かれた観光教育」の実践を目指し、今年度は地域の産学官関係者が連携し各地で事業を実施してきた。

今回は今年度事業を実施したモデル地域である北海道ニセコ町、岩手県釡石市と静岡県島田市の取り組みを紹介。実践例の共有・発信を図る。コーディネーターとして日本大学国際関係学部の宍戸学教授、コメンテーターとして四国大学経営情報学部の鈴鹿剛准教授、岩倉高校の大日方樹教諭、じゃらんリサーチセンターの沢登次彦センター長も参加する。

時間は10―12時。参加料は無料。

申し込みはhttps://x.gd/qyqHuから。

観光庁

観光庁

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ