楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

京都府和束町とタッグ 近ツー関西、サテライトオフィス開設で地域活性化を支援

18/03/01

近畿日本ツーリスト関西(KNT関西、三田周作社長)が今年3月、日本茶の生産地として知られる京都府和束町に京都支店のサテライトオフィスを開設する。和束町(堀忠雄町長)と共同で様々な地域活性化に取り組む拠点にしていく。

オフィスは、コワーキングスペースとして町が整備した和束町スマートワーク・インレジデンスに入居。2015年に日本遺産に認定され、日本で最も美しい村連合に加盟している和束町の観光資源を生かした着地型旅行の開発、サテライトオフィスの機能性を実証する。

和束町の茶畑

和束町に広がる茶畑の風景

すでにグループ会社のティー・ゲートとプレイライフが手掛けたサイクリングプラン、お茶体験プランなどを売り出し、和束町を訪れる新規顧客の開拓に取り組んでいる。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
旅で四国を元気に!香川編

7月に発生した平成30年西日本豪雨は四国各地に大きな被害をもたらした。だが、こういう不測の事態に...

秋の愛知で体感想像のその先

愛知県とJRグループは共同で大型観光キャンペーン「愛知デスティネーションキャンペーン(DC)」...

海と生きる三重伊勢志摩感じて

三重県伊勢志摩は、伊勢神宮への篤い信仰と独自の風土を軸とした唯一無二の観光文化に、国内外から注...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ