楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

OATA、今夏も天神祭船渡御貸切船 「特別な体験」勧める

19/05/31

協同組合大阪府旅行業協会(OATA)は、天神祭が開かれる7月25日、看板事業の「日本三大祭 大阪天神祭 船渡御 御金幣船」を実施。「令和元年」の記念年の乗船客を募集している。

天神祭の船渡御には百数隻の船が運航するが、ご神体を乗せた御金幣船は数隻しかない。そのため、OATAの御金幣船は、全員がそろいの法被姿で乗船。特別感のある貸切船による船渡御だ。

船上では、行き交う船と「大阪締め」が体験できるほか、天神祭のクライマックスである約4千発の奉納花火を船の真上で間近に楽しめることも魅力。夏の盛りだが、飲み放題のビールを飲みながら川面の風が心地よさを感じさせる。

天神祭船渡御貸切船

令和元年に乗りたいOATAの御金幣船

OATA事業部長の笠舞紀伴さん(照南トラベルサービス)は「通常であれば祭関係者や協賛スポンサーの貸切船でないと乗船できない希少価値のあるものです。OATAの貸切船は今年で16年目になり、感動的な体験を得ることができますので、ぜひ多くの方々にご乗船いただきたいと思います」と話している。

当日は17時に乗船し、20時30分に下船予定。料金は弁当や飲み物、講社の半纏などを含み1人3万5千円。

問い合わせは電話06−6643−8800。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
四県四色四国を彩る徳島編

第2弾は徳島県。宿泊者数全国最下位なんてなんのその。一度来たら阿波おどり、鳴門の渦潮な...

四県四色四国を彩る香川編

第1弾は香川県。夜景、瀬戸芸など女子の心をくすぐる要素たっぷりで、秋冬の彩りを演出する...

こだわりのおもてなし三重伊勢鳥羽志摩

日本古来の信仰の聖地、伊勢神宮を擁する三重県伊勢・鳥羽・志摩エリア。神々宿るこの地は聖地と...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ