楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTB、新潟県南魚沼市と連携協定締結 交流・関係人口の拡大、雇用創出へ事業協力

21/10/12

JTB(山北栄二郎社長)は10月1日、新潟県南魚沼市(林茂男市長)と地域活性化に向けた連携協定を締結した。交流・関係人口の拡大、雇用創出に向けた取り組みを進め、地域へ活力を生み出していく。

両者はこれまでもふるさと納税ポータルサイト「ふるぽ」を通じたふるさと納税事業や、コロナワクチン接種支援などで協力。今回の協定締結では協力関係をさらに深め、同市の魅力の発掘や発信を通じて交流人口・関係人口の拡大を、ふるさと納税を活用した事業展開で雇用創出を図る。

協定に基づく取り組みは南魚沼ブランドの価値向上、ふるさと納税の推進、人材育成、地域活性化の4点を掲げる。具体的には、地域の魅力発信セミナー、るるぶキッチンなどの媒体での告知で関係人口増加をはかるほか、「JTBふるさと開発事業部・南魚沼サテライトオフィス」を10月1日に設置。観光資源の磨き上げや地域産品の販路開拓、ふるさと納税で得る寄附金を生かした事業提案などを行っていく。

南魚沼

南魚沼の魅力の一例(左は八海山と上越線、右はムイカスノーリゾート)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光復活は四国一周しこくるりから愛媛編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第2回は愛媛県の旅...

観光復活は四国一周しこくるりから高知編

四国DC4県の魅力をまるごと感じてまわることから新時代の旅を始めよう。第1回は高知県の旅...

聖地の旅から始まる伊勢志摩観光新時代

「新しい生活様式」は生活に浸透し、「新しい旅のスタイル」は各地が模索を続け、確立されつつ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ