楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

JTB、JA全農山形・JAL東北支社と山形県の農業支援で連携 さくらんぼ流通促進や観光振興

22/06/19

JTB(山北栄二郎社長)は、全国農業協同組合連合会山形県本部(JA全農山形)とJAL東北支社と山形県の農業支援で連携する。県観光のアピールや山形を代表する農産品さくらんぼの流通を促進、農業を通した地域活性化につなげる。

JTBとJA全農は2021年4月、農業支援事業に関する連携協定を締結。労働力不足が課題の農業の作業支援を通して雇用創出による地方創生へ取り組みを進めていた。

今回はこの取り組みにJALが参加。現役客室乗務員による「JALふるさと応援隊」の山形県担当などJALの社員約100人が6月15―30日、天童市、東根市、南陽市、高畠町でさくらんぼの収穫作業や選別、箱詰め作業を支援する。

JTBはこれまでの支援に加え、ワーケーションと農作業を組み合わせた「JTBアグリワーケーション」や、スポーツ合宿と農作業を組み合わせた「アグリスポーツ」も展開し関係人口の拡大につなげる。農業を通じた働く人の心と健康のケアを図る「健康経営×農業」なども実施する予定で、多角度から農業にまつわる地域課題の解決を図っていく。

JTB、JA全農山形・JAL東北支社と山形県の農業支援で連携

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ