楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

地域の“ニッチ”な旅を創出するプラットフォーム 阪急交通社、ナビタイムと共同で「ニッチャートラベル」開始

22/06/22

阪急交通社(酒井淳社長)は6月15日、ナビタイムジャパン(大西啓介社長)と共同で、地域の旅のプラットフォーム「NICHER TRAVEL(ニッチャートラベル)」を始めた。地域の観光関係者らを結んでパッケージツアーを開発。地域ならではの独創的な発想を採り入れ、新しい旅の需要を創出する。

ニッチャートラベルの目的は「旅を介して、地域の活性化や人々の交流に貢献する」。自治体や観光協会、企業、生産者など地域の関係者が連携して旅行企画を生み出すプラットフォームとなる。サイトではツアーや企画者にまつわる記事、地域の情報などを掲載、ツアーの予約も可能。旅の価値観の多様化が進むなか、地域発信のニッチなツアーを提案していく。

ニッチャートラベル

「ニッチャートラベル」サイトイメージ

阪急交通社はニッチャートラベルの募集型企画旅行の造成・販売を担当。ナビタイムジャパンはコンテンツ開発と関係者のネットワーキング、プラットフォームの充実化を担う。

第1弾は東京都渋谷区の着地型ツアー「渋谷区観光協会公認 MUROとディグる渋谷レコードショップツアー」。今後はスポーツチームと連携したファンツアーや環境保全の学習ツアー、農業体験など多彩な分野との連携を図っていくという。

ニッチャートラベルサイトはhttps://www.nichertravel.jp/

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

安心あったか山陰個性彩りの旅

冬が近づきいよいよ山陰沖で松葉ガニ漁が解禁。今期はウィズコロナの観光再開ともぶつかり山陰...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ