楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

阪急交通社とエアトリインターナショナル、海外個人旅行で業務提携 商品を相互販売

22/08/03

阪急交通社(酒井淳社長)はエアトリの子会社エアトリインターナショナル(柴田裕亮社長兼CFO)と海外個人旅行分野の業務提携契約を締結し、7月19日から販売を始めた。両社間で相互販売を進め、アフターコロナの需要に対応する。

業務提携では、阪急交通社の募集型企画旅行の企画・販売、エアトリインターナショナルの海外ダイナミックパッケージという得意分野の商品を、それぞれの旅行サイトでそれぞれの顧客へ相互に販売することで、ニーズへの対応、商品の拡充で顧客満足度の向上にもつなげることがねらい。

具体的には、エアトリインターナショナルの海外航空券、海外ホテル、ダイナミックパッケージ「エアトリプラス」と阪急交通社の海外個人旅行「イーベリー」を相互に販売する。

阪急交通社エアトリ業務提携

阪急交通社サイト(イメージ)

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ