楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「生成AI、SDGs対応は最重要」 JTBグループ新年講演会で山北社長 

24/01/17

JTBグループは1月11日、東京・新宿の京王プラザホテルで「JTB Group New Year Partnership Meeting 2024」を開いた。新年恒例の集いで、グループ社員と協定旅館ホテル関係者らが参加した。

山北社長が講演した

山北栄二郎JTB社長は、2024年以降の活動方針などについて、「3年以上のパンデミックを経験し、今、地震も空港事故も懸命に乗り切ろうとしています。これからもたくさんの困難が待ち受けていますが、ツーリズム産業は感染症、自然災害、地政学的リスクを乗り切っていく力と、未来の発展のためレリジエンス(困難を乗り越える能力や回復力)を高めていく必要あります」と話した。

今年のテーマを「未来から現在(いま)をつくる」とし、「ツーリズムの大きな発展の未来に向け今なにをするべきか。人工知能は避けて通れないテーマですし、ツーリズム発展の前提は地球が美しくあり続けることであり、SDGsへの取り組みは最重要な課題です」と呼びかけた。

2024年の旅行市場の動向と取り組みについては、国内旅行は3月の北陸新幹線敦賀延伸開業、テーマパークの新エリアオープン、11回ある三連休を旅行需要創出の機会とする。

テーマパークはジブリパークで3月に魔女の谷、USJで春にドンキーコング・カントリー、東京ディズニーシーで6月にファンタジースプリングスがオープンする。

海外旅行は富裕層、旅行高額消費層、ファミリー、カップルに集中する。

訪日旅行では、新たな周遊ルートの開発や付加価値を高めるテーマ性あるツアーとして、ガストロノミー、アドベンチャー、サステナブル、メディカルの分野の開拓に取り組む。

この記事をシェアする
購読申し込み
今読まれているニュース
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
「光る君へ」稀代の女流作家の足跡求め・滋賀大津

後世に深く濃く語り継がれる名作を描いた女流作家は、混沌とする世の中を、愛を持って駆け抜けた...

和歌山龍神に輝く夕夜景

大阪の中心部から車で約2時間、南紀白浜空港から1時間ほどの距離に位置する和歌山県田辺市龍神...

サステナブルアイランド四国への誘い・愛媛編

四国が進める観光のテーマは「持続可能」だ。社会全体のテーマとしてもはや中心に座りつつあるサ...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ