楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

飛沫防止ボードを導入 東出雲観光バスが共同開発/島根

20/06/30

島根県松江市の東出雲観光バス(森山雄宇社長)ではwithコロナ下でも安心安全なバス旅行を楽しんでもらおうと、飛沫の拡散を防ぐ専用ボードをマイクロバス車内に設置した。

ボードは、同社が松江市内の包装資材メーカーに依頼。座席の背もたれ部分と通路側に取り付ける。ボード中央部をくり抜き透明なシートにすることで、景色も楽しめ圧迫感を抑えた作りになっている。

また、ボードの素材は事故などの衝撃でケガをしにくい軽くて柔らかいポリスチレンを用いた。乗客座席用と運転席用がある。

同社では、6月19日からの県をまたいだ移動の自粛解除を受けて大型バスにも同日から導入している。

東出雲観光バス

座席に取りつける飛沫防止の専用ボード

森山社長は「いわゆる『3密』になりやすい車内で安心感を持ってバス旅行が楽しめることをアピールしていきたい」と話している。

ボードは、座席サイズに合わせたオーダーメードも可能で、価格は6千円から7千円だという。

東出雲観光バスでは、同業他社にも紹介することが可能だとしている。詳しくは電話0852−52−7633へ。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ