楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

「大阪チェンジ!」が売り コートヤード大阪本町開業

19/10/31

大阪のビジネス街、大阪市中央区本町に10月1日、コートヤード・バイ・マリオット大阪本町がオープンした。ホテルのオープンが相次ぐ中、大阪らしさにこだわったサービスを提供し存在感をアピールする。

ホテルは、サンフロンティアホテルマネジメント(堀口智顕社長、東京都中央区)とマリオット・インターナショナルが共同運営する。「2025年の万博開催やIR(統合型リゾート)の設置が予定されている大阪で、世界に顧客を抱えるマリオットのネットワークを駆使しながら発展していきたい」(堀口社長)。

地下1階、地上17階建てで、客室は全193室。繊維で栄えた船場の立地から、織物をテーマにした外観、内装を施した。2階にダイニング、露天風呂付き大浴場なども備える。

ホテル最大の売りは「大阪チェンジ!」。スタッフに「大阪チェンジ!」と申し出ると、ディナーの内容や客室のアイテムを大阪らしいものに無料で変更する。白いバスローブはヒョウ柄に、ディナーはパスタが焼きそばに、海鮮グリルが串揚げに、牛ほほ肉の煮込みは牛ほほ肉のどて焼きに変わる。

大阪チェンジ

「大阪チェンジ!」のメニュー

「大阪チェンジ!」対応のプリフィクスディナーは4500円(税サ別)。

1日に行われた開業式典には、旅行会社やマスコミ関係者が参加。堀口社長や大阪観光局の溝畑宏理事長らによるテープカットが行われた。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ