楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

コロナ:福島県 16日発売の県民割宿泊プラン、初日でほぼ完売

20/06/17

福島県は6月16日、宿泊料金を5000円割り引く県民県内宿泊プランを発売したが、用意した1万2000泊分が初日でほぼ完売した。OTAや、旅行会社店舗で電話による予約受付などで販売した。

福島県国見町の中尊寺蓮(福島県観光物産交流協会)

1泊7000円以上の宿泊について5000円を割り引き、県が負担する。

コロナウイルス感染拡大で大きな影響を受けている宿泊産業や旅行業など、県内観光産業を支援しようと、福島県では6月1日に県民割プラン2万4000泊分を発売。県民の関心が高く、約1週間で完売したことから、第2弾として新たに5万泊分を追加し、10日から発売日を分けて、販売を開始している。

10日と16日に販売したのは、追加の5万泊分の半分弱で、県では残りの分の発売時期や販売方法などを検討している。

発売時期をずらすことについて県観光交流課では、「宿泊施設や旅行会社に予約対応で業務が集中しすぎないよう配慮しています。宿泊産業だけでなく、中小旅行会社、大手旅行会社の支店も含めて観光業界全体の支援策として実施しているので、次回の販売時期や販売方法についても検討しているところです」と話している。

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ