楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

泊まって美味しい富山の味 富山県ホテル旅館組合、「とやまのおいしい朝ごはん」品数増やしてリニューアル

21/02/21

富山県ホテル・旅館生活衛生同業組合(坂井彦就理事長=三楽園)は2月25日、富山県の食の魅力を伝えるキャンペーン「とやまのおいしい朝ごはん」をリニューアル、提供する郷土料理を65品に増やして新たに展開する。県内各施設で旬の食材、伝統食を使った健康的な朝ごはんを3月から順次提供。泊まって美味しい富山の味をアピールしていく。

追加メニューは、砺波市庄川地区で温泉水を肥料とする「庄川おんせん野菜」の温野菜、ブランド肉「とやまポーク」と大根の“煮たもん”、県民に人気の「黒とろろ昆布」を使った漬けの昆布まぶしとろろ掛け、富山伝統のかぶら寿司、魚津市に伝わる「あんじゃなます」など、「これぞ富山の味」といった逸品が並ぶ。

リニューアルを記念して、3月6日には旅館総料理長が教えるオンライン料理教室も開催。事前に食材が自宅に送られ、当日はオンラインでレクチャーを受けながら郷土料理4品を作る。

時間は10時30分―12時。参加費は2500円。先着15人限定。申し込みはhttps://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01gejy11gquaq.htmlへ。

「とやまのおいしい朝ごはん」の詳細はhttps://www.yado-toyama.jp/asagohan/

とやまのおいしい朝ごはん

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
岐阜県下呂エコツーリズム始動

岐阜県中東部に位置する下呂市。清流の飛騨川がまちを縦断し、周囲は標高1千メートルを超える...

今だからこそ行く蘇りの地わかやま

和歌山県では世の中の沈滞ムードから抜け出し、新型コロナウイルス感染症拡大による影響からの...

花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ