楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

宿の思い、価値を伝える 日本味の宿が親ぼく会

22/08/03

食に館にスタッフに「味わい深い宿」を目指す旅館の集まり「日本味の宿」が7月6日、東京・神保町の学士会館で親ぼく会を開いた。コロナ禍の2年半は集い意見を交わす機会がなかった。

山本亨平会長(滋賀県長浜市・尾上温泉旅館紅鮎)は「宿泊業界は大変な時期を過ごしていますが、前を向いて進みたい。コロナで旅行が制限されるなか、宿は何のために存在するのか、何の価値を提供できるかを自問自答してきました。今言いたいのは旅を続けようということです。ゲストに新しい時間の使い方を提案し宿の思いを伝えていきたい」と意気込みを示した。

日本味の宿

「宿は何のために存在するのか自問自答してきた」
と山本会長

顧問を務めるエッセイストの柏井壽さんは「コロナ禍で家にいるとき、旅行は必要なのかと思う時がありました。今、旅行を再開し旅館に泊まると、わくわくする自分に驚いています。旅は人生に必要だと、旅に出るとよく分かります。失われた2年が無駄にならないように研さんしましょう」と呼びかけた。

この記事をシェアする
購読申し込み
旅館ホテルの事業再生
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
三重鳥羽が拓く安心安全ベースの観光新時代

コロナ禍の出口に光が射し、旅行市場もようやく動き始めた。三重県鳥羽市は早くから安心安全な...

観光新時代の先駆け岐阜県下呂

“観光新時代”が加速することを予見していたのか−。そう思わせるほどに、岐阜県下呂温泉の観...

反転攻勢へ和歌山県観光ダイヤモンドイヤー

コロナ禍からの反転攻勢―。日本全国各地が地域経済復活へ掲げる旗頭だが、和歌山県には千載一...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ