楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

KNT—CTパートナーズ関西連合会が大商談会(1) 需要回復は域内個人旅行から

20/09/11

「新型コロナウイルスからの反転攻勢」をテーマに、KNT−CTパートナーズ会関西連合会(中照策会長=かつうら御苑)が9月3日、国内大商談会を開いた。感染予防を徹底した京都市南区の都ホテル京都八条には、パートナーズ会会員169人、KNT−CTグループ社員90人(リモート参加含む)が参加した。

はじめに近畿日本ツーリスト関西の松本知常務取締役営業本部長があいさつし「新型コロナウイルス感染症が収束しない中、旅行需要の回復に努める我々が開催をひるんではいけない」と、商談会開催を決めた経緯を話した。

KNT—CTパートナーズ関西連合会大商談会

新型コロナウイルスからの「反転攻勢」を
掲げ開いた大商談会

また、直近の状況について「圏域内の個人旅行は好調だが、団体は苦戦している」。メイトは、ドル箱の東京方面が催行できないため、マイカー利用の近場の健闘が目立つという。クラブツーリズムは8月20日に募集媒体が復活し、独自基準のガイドラインやバス乗車定員を19人までなどと定めたニュークラブツーリズムの戦略が奏功。一人参加などを取り込んでいる。

一方、団体旅行は、修学旅行がバス台数を増やしたり食事会場を広げるなど三密を回避した対応で徐々に復活しつつある。

松本常務は「関西は、カニなどおしゃべりしにくいグルメが豊富。小グループなど域内販売に注力していきたい」と話した。

(次の記事)KNT—CTパートナーズ関西連合会が大商談会(2) 感染予防は手洗い徹底

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
花火、温泉コロナに打ち克つ三重県鳥羽の夏

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で県境を超える往来の自粛が求められてきたなか、7月10日...

天草の古都熊本苓北をゆく

天草最北端にありながら、かつて苓州と呼ばれた時代は天草の中心地だった熊本県苓北町。長崎に...

戦国観光の本陣滋賀おごと温泉拠点に浪漫に浸る

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が好スタートを切った。主人公が“戦国大河”最後の大物、明智...

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ