楽しく読めて ときどき役に立つ観光・旅行専門紙「トラベルニュースat」

声、心がけで被災地を元気に イワン・プロホロフ、加代子ご夫妻

ロシアの伝統的なチョコレートを持って、被災地で「声、心がけ」運動を広めているイワン・プロホロフさんと加代子ご夫妻。

初めて東北を訪ねた時、被災地での孤独死が問題になっていた。恐る恐る仮設住宅をまわった。「大丈夫ですか?お元気ですか」と声をかけ、心がけの印としてチョコレートを配った。みんな喜んでくれた。「103歳のおばあさんにスパシーバと言っていただき、いろんなお話をさせていただきました」。

以降、仲間とともに足繁く東北に通う。関西から来たおじさん、おばさんたちがチョコを片手に声がけに回る姿は、被災した地元でも広まっていった。教育委員会を通して小学生たちが「声、心がけ」運動を実践するようになった。そして、元在大阪ロシア連邦総領事のイワンさんの縁で、ロシア大使館学校の生徒と被災地の子どもたち交
流も実現。「子どもたちの心がつながっていく様子を目の当たりにしました」。

近く石巻市を再訪する。悲劇を繰り返さぬよう整備された堤防に、桜を植える。「桜は土を固めます。一本の桜からまちを興せれば」。声、心がけで広まった皆さんと一緒に桜並木の下で輪になってお花見をしたいと思う―。

イワン・プロホロフさんと加代子ご夫妻

イワン・プロホロフさんと加代子ご夫妻

この記事をシェアする
購読申し込み
地旅
今すぐにでも出たくなる旅 最新
海、大地が出会い、人暮らす—高知室戸世界ジオパークへ

四国最東南部の高知県室戸市。室戸岬で知られる自然豊かなまちでは、地球がダイナミックに躍...

新潟を味わうガストロノミーツーリズム

「新潟・庄内DC(デスティネーションキャンペーン)」が10月1日から始まった。期間は12月...

四県四色四国を彩る愛媛編

ラスト第4弾は愛媛県。瀬戸内海と温泉情緒が奏でる音色は女子をはじめ多くの人をひきつける...

トラベルニュース社の出版物
トラベルニュースat

観光・旅行業界の今に迫る面白くてときどき役に立つ専門紙。月2回発行

大阪案内所要覧

旅行業務必携。大阪にある全国の出先案内所収録。18年版5月15日発売

旅行業者さく引

セールス必携。近畿エリア全登録旅行業者を掲載。毎年11月発行

夕陽と語らいの宿ネットワーク
まちづくり観光研究所
地旅
関西から文化力
トラベルニュースは
文化庁が提唱する
「関西元気文化圏」の
パートナーメディアです。
九観どっとねっと
ページ
トップへ